2006年07月03日

ストラクチュア

なんだか険悪なムードの日記になりそうな気配ですが、私の日常あってのこの日記なのでお許し頂きたいところです^^;
一昨日は結局、副店長が夏のギフトで忙しい為時間が取れず、代行と直接対決ということになりました。以下はその様子。

代「K(先輩)には納得してもらったのか?」
(先輩、代行に向かって頷く)
ミ「お願いします」
代「じゃあ、この3日間はいいとして、最初の1日はダメだ。土用の丑で、年間を通して一番売り上げがある日だからな」
ミ「…分かりました」
代「うん。で、Kにも言ったんだけど、他のパートさんとかにもいつもより早く来てもらう予定なんだ。ミアも早く来れる?」

ここで「土日の16時スタートだって大分譲ってるじゃん!通常18時だぞ!」という気持ちがヒートアップ。

ミ「いえ、16時でお願いします」
代「無理?」
ミ「はい」
代「ダメ?」
ミ「はい」
代「本当に?」
ミ「はい」
代「本当にダメ?」
ミ「はい」
代「本当にダメ?」
ミ「はい。16時でお願いします」
代「強気だねぇ(#^ω^)」
ミ「勉強が優先ですよね?」
代「いや、でもこっちの都合も考えてくれよ」
ミ「勉 強 が 優 先 だ と 、 契 約 の 時 に 副 店 長 と お 話 し し ま し た よ」
代「もういい!お前には頼まん!」

…ということで、見事に「頼まれない権利」を獲得しました。今後の風当たりが強くならないことを祈るばかりです(;^ω^)
ではでは。
posted by 近藤魅亜 at 09:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーす。お久しぶり。
いろいろと生活に無理が出てきました。
ここで愚痴っても仕方が無いのでまた会った時でも。



んで…本題に移ると
お前アホやん。(=ω=
嫌なら辞めれば良いのになぜに続ける。
そのバイトでなければいけない理由などあるのかい?
先輩のためとか理由じゃねぇから。
それただのお人よしだから。
しかも日記で愚痴る分たち悪い。
それに将来のことを考えれば、
それ相応のバイトが出来るはずだろ。
俺が推薦すれば某塾講だって出来るかもしれないし
それにミアが言っている学業優先って
口先だけじゃなかったら、もう言うことは一つだよね。

「こちらの条件を呑んでくれなかった辞めます」

とか言ったれ。十中八九辞めさせられるが
バイトなんぞそこらに転がっているわ。
もし俺がバイト先で無理難題を押し付けられたら
即辞めます。
今、俺10人の生徒抱えてるけど、そいつら放棄するから。
ぶっちゃけ自分の将来も見出せない奴に将来任せる生徒なんていないだろうしね。俺が生徒ならそんな講師はいらん。
ていうか当たり前でしょ。労働者に権利が無いって何時の時代だよ。
少し考えてみな。


とか、週6で活動している人からのメッセージです
あんまり説得力無いね。
Posted by "K" at 2006年07月04日 00:21
久しぶり!夏休み中には絶対会おうな、テストが終わったら予定をメールで送るよ〜。
アホなのは認めるけど、俺が働いてるのは、何度も日記に書いてるように時給が良いからだよ。あと、ようやく仕事を覚えてきたから、知的財産的に手放したくないの。先輩なんて関係無い。ただバイトが2人だけだから、片方が休んだら片方が出る必要があるっていう設定が存在するだけ。アドバイスはありがたいけど、俺はいつでもこの店を辞める覚悟はあるし、「家からの距離」と「給料」に「怒り」が勝たないから辞めないの。見栄も無いよ。それに、休みをくれないならまだしも、直談判したらくれたから、俺はそれでいいんだ。くれなかったら当然辞めてたよ。
確かに今まで、日記にグチったって良いことなんか無いって考えてたんだけど、そんな風にグチるのも俺の日常かな、と思って書いてみたわけなんだ。だから、Kがビシッと言いたいのも分かる。これからは気を付けるよm(_ _)m Kもすごい忙しいと思うけど、頑張ってな。
Posted by ミア at 2006年07月04日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20199188

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。